任意整理や個人再生

審査が必要な金融サービスに申し込むと、業者は名前だけでなくその他の個人情報を組み合わせてブラックリストに登録されていないかをチェックするのです。
一般的に名寄せと言われる方法ですね。
それゆえ、苗字が変わった程度では金融機関のサービスには制限がかかり続けるでしょう。
もし、任意整理や個人再生をするのであれば、借金をしている業者や金融機関の同意を得なければなりません。
まず、任意整理では、各債権者ごとの債務が対象なので、それぞれの債権者と交渉を進めていくことになりますが、強制力はありませんから、和解交渉に進めない場合もあるでしょう。
個人再生では、任意整理と違って一度に複数の債務を整理できますが、手続きを行った債権者の半数以上が同意しなければいけません。
返戻金の生じる生命保険に加入している場合や、個人年金保険などに入っている場合は、もしかすると債務整理で解約しなければいけないかもしれません。
自己破産については、保険を解約した返戻金を返済に充てる必要があります。
また、個人再生に際しては保険契約を解約するまではいかないものの、裁判所への資産報告のひとつとして解約返戻金証明書を提出しなければいけませんから、返戻額次第で返済金の額が増えることはあります。
裁判所を通さない任意整理では解約する必要はなく、保険の解約返戻金が返済額の増加に結びつくことはありません。
大抵、もしも債務整理を行うと漏れなくブラックリスト入りだと言われる傾向がありますが、過払い金請求なら、唯一ブラックにならずに債務整理が可能です。
余計に払っていた利息の返還を受けるだけなので、それで完済という結果になったなら事故にはならないでしょうという話です。
参考:リボ払い危険!キャッシングよりも金利が高い?
しかし、たとえ過払い金があろうが金利を引き直した結果としてまだ残債があるのならば、それはすなわちブラックになります。