完済まではずっと借金を返していく

裁判所を通す個人再生も、裁判所を通さない任意整理も借金の帳消しではなく「減額」を求めるものであり、債務そのものは残るわけです。
完済まではずっと借金を返していくのですし、本人に収入があることが求められるのです。
債務整理は借金の清算に有効な手段ですが、借金をどれだけ減らせるかという点は一番気になる点ですよね。
おおよその金額を知るためには、依頼したい弁護士事務所や司法書士に問い合わせると良いでしょう。
でも、そこまでしてもらうのも、と後ろめたく感じてしまうこともあるでしょう。
そんな人は、インターネットで無料診断で債務整理の計画を立てられるものも増えていますから、これを使って目安を知るのもおススメです。
債務整理をすると、払いきれない利息を整理できますが、クレジットカードや金融機関のローンの審査に落ちやすくなるなどの欠点もあります。
多くの人が気にするのが賃貸のアパートやマンションを借りることができるのかということでしょう。
現状としては、賃貸契約不可という物件の数は、それほど多くありません。
どこでも選べるというわけではないのですが、ブラックでも借りられるところはありますから、その点については心配ないでしょう。
借金の清算に必要な債務整理ですが、一般的には、自己破産や任意整理、または、個人再生、特定調停のことを指す場合が多いです。
よく利用されるのが任意整理です。