勇気を出して決めた債務整理

自己破産や任意整理などの種類がある債務整理は、どのようなかたちであっても抱えきれない借金を整理でき、新しいスタートを切るのに有効な手段ですが、手続きをしてからすぐに認められるわけではなく、数ヶ月の期間が必要です。
もしかすると、この債務整理中にも、また借金をしてしまう人がいるかもしれません。
とはいえ、債務整理の最中に新たな債務を抱えるような行動は避けてください。
仮に、このことが伝わってしまったら、裁判所での立場が悪くなって、減額の許可が下りなくなったりすることもあります。
勇気を出して決めた債務整理なのに、どうも頼りにならない弁護士であるがゆえに、委任関係の解消を希望する際は、相手の方から降りない限りは、こちらから解任する必要があります。
簡単な手続きですが、うっかり見落として別途よそと契約してしまうと、債権者のところへは新旧両方の受任通知が届くわけですから、事態が余計厄介な方向に進んでしまいます。
以前の弁護士への依頼はかならず解約(解任手続き)した上で、次の弁護士と契約するようにしてください。